Alexis’s Diary

20歳の備忘録

人の助けというものは時に心を温かくする。

おはようございます。

Alexisです。

 

今日は受け取れなかった日本からの荷物を郵便局まで取りに行きました。

だいたいお昼過ぎにいくのか目安です。どうしてかはわかりません笑('ω')

 

バスに乗って10分程。

郵便局について、並ぶ。今日はあんまり並んでなかったけど、7,8分並んだ。

自分の荷物を追跡番号で調べてその画面を局員の人に見せる。

確認のためにIDが必要。(パスポート)

 

比較的スムーズに受け取れて、向かい側のバス停に行く。

そこで15分ぐらい待つ。

バスが来て乗ろうってした時に前にいたおじさんが先いいよって譲ってくれた。

「ありがとうございます」と言いながら思い荷物を抱えつつバスに乗る。

 

降りるバス停が近くになって、そこで降りる時も運転手さんが「レディーファースト。どうぞ」って乗ってくる人を止めて降ろしてくれた。

 

そこから15分ぐらい歩く。家の近くまでのバスがないから歩くしかない。

結構荷物が重くて休憩しながら歩いて、プラス坂道だから余計に大変。

汗が吹き出る。

太陽は出てないけど、若干の曇り。

曇りでも暑いもんは暑い。

歩いて歩いて歩く。重い。

 

そして学校の近くになって、休みながら運んでたら通りかかった男の人が「手伝うよ」って言ってくれて家の前まで運んでくれた。

おそらくこのままだと結構時間もかかって体力も消耗してしまって、さらに疲れてただろうと思った。

 

約1年ここにいるけど、こんな事は初めてだった。

今日はたくさんの人に助けられた1日だったな。

 

という簡単にまとめた今日なんか助けられたなぁっていう日記でした笑

 

あ、郵便のこととかもまとめようかな。

 

では、また。

see you!