Alexis’s Diary

21歳の備忘録

変わりゆくことも確かにあるんだなと実感した。

こんばんは。

Alexisです。

 

 

 大学生になってから早一か月が経ちました。

ボチボチ勉強をしつつテストを受けながら細々と大学生をやっております。

 

また、メンタルが落ち着いてきたと思ったらまた不安定になって、落ち着いて、不安定になっての繰り返しで休めてるようで休めてない状態でもあります。

 

 

 

2019年が始まって5ヶ月。

好きな人に会えてなくて早5ヶ月。

 

好きな人を精神安定剤にするとだめですね笑

 

生まれて初めて人に惚れた瞬間で、生き方に尊敬して、あなたの頭の片隅に居れるだけで嬉しかった日から早5年。

 

いつか来るだろうと思っていたことが現実になった時、やはり不安定になりました。

でもこのままじゃだめだと思い立ちなんとか歩いている状態で。

あなたの眼の中にはもう私がいないと分かっても生きていけるように免疫をつけておかなければ、と。

 

変わって欲しくないと思っていたこともいずれ変わっていくように、私のこの不安定な気持ちも変わっていくといいなと思いつつ、感情のコントロールを上手くできそうにない自分に鬱々としながらまた、会えるときが来たらいいなって心の奥底に秘めておこうと決めたもうすぐ梅雨になろうとしてる日の真夜中の午前2時過ぎ。

 

 

区切りというものは確かにあるが、勝手に区切られても、という思いが正直な気持ちなんだが。これは愚痴ではなく、ただタイミング的にそうなってしまったというか言いようのない事案というか、まぁ自分の心の中で愛し続けているのもまた違った愛情の持ちようだと自分に言い聞かせている。

 

大きい存在はやはり消せないし、忘れることさえもできないのだと気づいた。

 

 

いじめられていた中学時代を見返すために心機一転、誰も知り合いのいない高校へ進学し、人間関係も一から構築していった。人見知りで言葉足らずな私だが、こんな私にも親友ができ、一生涯の友人もたくさんできた。

青春を謳歌した高校時代で、これが幸せだと実感した。

 

高校に上がると同時にメイクの仕方も見よう見まねで覚え、言葉遣いも正すようにし、洋服や下着にも気を遣うようになった瞬間、今まで見向きもされなかった私が、「かわいい」や「綺麗だね」なんて言葉をかけれらるようになった。これはなにかの夢かと思うくらい自尊心と承認欲求が満たされた瞬間だった。

 

その幸せを知りながら、偶然知り合ったあの人はこの幸せのハードルをまんまと超えてきた。なんの変哲のない私を初めて女性として扱ってくれて、欲しい言葉もくれて、柔らかい唇を重ね合わせる度に好きになっていく速度は増していき、次第に恋に溺れる

ようになった。

溺れるようになっても冷静に前を見れたのはあの人の存在価値が私の中で最も大きかったからだ。あの人の背中を見ていくうちに自分の意識も変わっていった。

溺れていくなかでも素晴らしい景色を、価値観を見せてくれた。その光景はあの人に溺れることで見ることのできるトクベツなものだったと思う。

 

初めて唇を重ねた時、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが爆発した。

あの人の存在そのものが愛おしいと感じた。おかしいと思われるだろうが、本当なのだ。その時の私は体中から幸せオーラでも放っていたと思うくらい。

この瞬間あぁ、これが「人を愛す」というものかと覚醒した。

「好き」と「愛」の境界線が曖昧だったが、これではっきりした。

 

私は彼を愛していると。

初めて人を愛しているのだと。

 

 

 

この気持ちになってから5年が過ぎたが、いまだにまだ彼を超えるような人には出会ってはいない。これから先出会えるのかさえも分からないが、出会えたら何らかのアプローチをしようと思う。

上手くいけばの話だが。

 

彼と結ばれない前提で話しているが、もし仮に結ばれたら天にも昇る思いだろうと容易に想像ができる。その時はキャピキャピルンルンで報告やらをしたい。

これもまた上手くいけばの話だが笑

 

 

 

 

 

 

では、また。

see you!