Alexis’s Diary

Seattle留学の日常

思い出。過去を見てもいいよね篇4

おはようございます。

Alexisです。

 

16日の続きです(´・ω・`)

 

 えっと、どこまで書いたっけ笑

 

 

福岡空港からの直行便がないので韓国経由、韓国での滞在時間約6時間。計15,6時間をかけて到着しました。

 

仁川空港で本を読みつつ、ぶらぶらしつつそれでも不安な気持ちはぬぐえなくて。

1人での海外。旅行ではなく留学。

1か月後とかに帰るわけでもなく、いつ帰れるのかはわからない。

全て自分でやらなきゃいけなくて。

 

不安なことしかなかった。

 

タコマ空港について、入国審査を通って荷物を受け取って。

初めて来た土地だからなにもわからない。

とりあえず前の人についていった。

 

出発前にもらったガイド的な紙は持ってたけど、そこまで詳しいことは書いてない。

勘で進んで幸運なことにホストファミリーが待っているところまで行けた。

 

ローマ字で書かれた自分の名前を見て、あいさつをしてその人がホストファザーだということを知った。

それから車で家に行った。

 

その途中で学校の周りを軽く案内してもらったりした。そのときはまだ全然会話もろくにできなくて(今もあんまりできないけど笑)、ただイエスかノーぐらいから返事できなかった。

しばらくして家に着いた。ごく普通の家だった。

周りは住宅街に面していてとてもきれいだった。木々もあり公園もありバス停もある。不便なことはなにもなかった。

 

家族にあいさつをして、娘さんを学校まで迎えにいくんだけどどうする?って聞かれた。

ここは積極的にと思い、私も行きます。と答えた。

 

学校までは歩いて10分もかからない程度だった。

娘さんと歩いている時ですら、なにも言えなかった。

その時に改めて英語力のなさに落胆した。

 

11歳の子ともまともに話せないのかと。

 

その途中で家の近くの31に寄った。

アイスを食べた。美味しかった。

 

家に着いて、自分の荷物を整理しつつ、家の中のルールなどを説明された。

その同じ日に台湾からの留学生も来た。時間は違ったけど同じ日だった。

 

それから夕食を食べた。

確か、パスタだった気がする。トマトソースパスタ。普通に美味しかった。

 

シャワーを浴びて、8時すぎぐらいに寝た。

次の日の夕方まで寝ていた。

 

時差ボケと疲労、不安から爆睡していた。

 

 

淡々と書いているけど、実際はものすごく帰りたかった、泣きたかった、不安で押しつぶされそうだった。

藁にも縋る思いで泣きながら連絡をした。誰とは言わないけど、「心が折れそう」と連絡した。

 

友達には連絡できなかった。

 

少しでも不安な心が軽くなればと、大丈夫という言葉をただ聞きたかった。安心したかった。

でも返ってきた言葉は全然違うものだった。

 

その時に「ああ、この人には相談事とかはできないんだ」と悟った。

 

 

冗談抜きで、1週間ずっっっと毎晩泣き続けた。

寂しくて。不安で。

誰もそばにいなくて。

 

そんなこんなで16日を過ごしました。

 

 

 

うーん。早いですな。

とりあえず振り返り篇は終わりです。

 

 まだ先は長いと思いながらもちょっとだけ振り返ってみました。

 

 

 

今月の25日から秋学期始まるのでとても憂鬱になっております('ω')←

 

 

 

では、また。