Alexis’s Diary

20歳の備忘録

災難とはこういうものだ。パート2

おはようございます。

Alexisです。

 

パート1に引き続き、パート2を書き殴りたいと思います。←笑

 

 その日の16時ごろに残りのお金を口座に入れようといつものATMに行くとそこは張り紙が張ってありました笑

遅いんじゃこのやろう。と思いつつスーパーの中にあるATMにカードを入れると

「問題によりこのカードは使えません」

 

は?????? え????????

 

頭の中クエスチョンマークいっぱい。

念のためにまた支店の方に行って「預け入れをしたいんですが、、」といいカードを渡した。

銀行員の人は「んーーー、使えないようだけど、、、」と。

 

もう顔真っ青。

 

え?? なんで?この言葉ばっかり頭の中をよぎる。

待って待って。冗談でしょ。使えなかったら学費払えないんだけど。

 

銀行員の人に事情を説明(この説明でも7,8分くらいかかった)して、銀行員の人は「あっちの椅子に座ってまってて」と言い私は椅子に座った。

 

その間心臓バクバク。冷や汗。

 

2,3分してから銀行員の人が来た。「このカードは盗難されたっていう名目で止められてて使えないの。どうなったかわかる?」と聞かれた。

もしかしてという心当たりがあり、それを伝えた。

伝えるにも結構時間がかかった。

 

ようやく伝わって、銀行員の人も理解してくれて、「じゃあこのカードは使えないから、新しく再発行するね」

 

再発行、、? 口座はこのままなのか、、?と疑問に思い、

私:「口座はなくなるんですか?」

銀行員:「ううん。なくならないよ、大丈夫。お金も窓口で下せるから」

 

ほっとしたわし笑

よかった。

 

ほっとしたのもつかの間、今度は窓口で現金を下ろすミッション。

口座に入っている額全額20万と最初に渡したお金8万、合計28万を下ろしたい旨を伝えた。

「最初に渡した8万、、、?」と銀行員の人が聞き返した。

え?最初に渡したよね?8万。

いや、もらってないけど。

、、、は?

いや、さっき渡した。今この目で見た。お金持ってないもん、渡した。

 

このやりとりを3,4分繰り返した。

いやいや、渡したって。まじで。

銀行員の人はレジを確認したり、精算機も確認した。

でも「ないよ」と言う。

 

いやいや、おかしい。渡したし。

その会話も5,6分繰り返した。

 

「とりあえず今はこれだけしか下ろせないから」

その時はパスポートを持っていなかったので13万1000円しか下ろせなかった。とりあえず走って帰り、パスポートを手に取りまた銀行に戻った。

銀行員の人にパスポートを渡してサインをして、銀行員の人から口座の20万を受け取った。

 

 

 

ん???20万?

その場で数えるわけにはいかないのでスーパーの中の休憩所のような場所に移動して、下ろしたお金を数えた。

 

33万。うん、なんで?

 

28万下ろしたはずなのに、手元には33万。そろってんじゃねぇかよ、、、。

なんでだよ、、、。(´・ω・`)

 

おそらく吸い込まれた5万が戻ってきて、口座には25万。

カードが止められていたから携帯で確認できなかった。

それをしらず窓口に行って全額おろしたいと言った。

パスポートがないから13万。なぜ13万なのかわからないけど、それだけ下ろした。

 

、、、、、、支店とサポートセンターのところは別個だけれども、あの時は混乱してたけど冷静になったら謎しか残らん。

 

 

とりあえず一番混乱して、一番冷や汗かいた災難でした。

もうこういうことはないように気を付けたいです。(´・ω・`)

 

 

では、また。